キャシングとブラックリスト

キャシングとブラックリスト

金融キャッシング業界で、よく聞く言葉にブラックリストがあります。

 

お金を貸すにはリスクが高い人の名前を連ねたものを、ブラックリストと呼び習わしているといいます。

 

キャッシュカードを利用して返済を遅らせた人、キャッシングの支払日に間に合わなかった人などが該当するようです。

 

ブラックリストには、破産や債務整理をした事がある人も含みます。キャッシング会社に融資の申し込みをすると、審査をして返済能力がある客かどうかを判断します。

 

ブラックリストに名前を連ねている人であれば、審査に通らず融資は受けられません。

 

それぞれの金融会社が、ブラックリストのデータを作って持っているといわれているようです。どこまでの顧客をブラック扱いするかは、差があります。

 

よくある例としては、クレジットカードの新規申込みやカード利用時に、申込者名前や生年月日などに基づいて調べるようです。

 

キャッシングの利用履歴が、データとして参照できるという形になっています。クレジットの利用履歴やキャッシングの返済状況については、キャッシング会社はそれぞれ融通しています。

 

そのキャッシング会社では返済トラブルを起こしたことがなくても、別のキャッシング会社で延滞などをしていればブラックリストに入ります。


おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ