クレジットカード現金化の違法性

クレジットカード現金化の違法性

クレジットカードを現金化することに関しては、法律に関わるようなことはないのでしょうか。

 

実はクレジットカードの現金化をする人は最終的にクレジットカードの請求が滞りやすいのです。

 

返済不能状態に陥る人が多いということが、社会的な問題として取りざたされています。

 

問題を孕んでいることが認識されていながらも、クレジットカードの現金化は法律の取り締まり対象にはなっていません。

 

クレジットカードの現金化が違法かと言われたら法律上は違法ではありません。ほぼ全てのクレジットカードで、発行の際に換金目的に使う事を禁止する条項が設けられています。

 

条項の点からすればクレジットカードを利用した現金化はクレジットカード会社の利用規約に違反することになります。

 

クレジットカード会社は、現金化をしている会員を見つけ出した場合、強制的にその会員を退会させることができるわけです。

 

クレジットカード会社は近年、現金化の動きに神経を尖らせています。

 

もしもクレジットカードの現金化が会社側に知られて退会となった時は、カードの利用残高はすぐに返済するように迫られます。

 

退会と共に信用情報会社のブラックリストに載り、以後のローン審査に通りにくくなったり、新たに他の会社からクレジットカードを発行してもらうことが難しくなったりします。

 

仲介する業者によっては、クレジットカード会社に損害を与えかねない方法でクレジットカードを現金化しているところもあります。

 

クレジットカードを現金化する時は、それが法的に正しいことなのか考える必要があるでしょう。

クレジットカード現金化の違法性関連ページ

クレジットカードの現金化とは
クレジットカード現金化の仕組み

おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ