キャッシングの過払いとは

キャッシングの過払いとは

キャッシングの過払いを知っていますか。何年も前からキャッシングを利用していたり、以前キャッシングをした経験がある人は少なくないでしょう。

 

キャッシングに過払いの問題が浮上したのは、それほど昔ではありません。

 

利息制限法の上限金利と、出資法の金利の差は長い間グレーゾーンとなっていましたが、近年になって上限金利が定められました。

 

キャッシングの過払い請求が次々と起こっています。

 

実際、消費者金融かお金を借りていた人や、クレジットカードなどで、キャッシングを利用した経験がある場合、支払っていた利息が過払いになっていることはあるのでしょうか。

 

過払いの可能性を知るためには、何を判断すればいいでしょう。キャッシングの過払いをしているかどうかは、年利20%以上の返済をしていなかったどうかを調べることで判断ができます。

 

借りたお金を返した時に、金利20%以上の利息がついていたなら、過払いになっています。

 

返済期間が長かったという人ほど、なかなか元金まで返済が回らず、結果的に利息ばかり返しすぎていたかもしれません。

 

過払いになっているかを確認するには、融資を受けたキャッシング会社に連絡し、取引の明細を送付してもらうことです。

 

キャッシングの過払いをしていなかったか、幾らの過払いになっているかは、取引明細から貸付条件や金額を参照することでわかります。

キャッシングの過払いとは関連ページ

キャッシングの過払い請求
キャッシングの過払いと訴訟

おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ