ローンをシュミレーションする際の注意点

ローンをシュミレーションする際の注意点

ローンの申込み前にシュミレーションをしておけば、完済までのプランが立てやすくなります。誰でも簡単にローン返済のシュミレーションができるホームページがあります。

 

借入金額と返済期間を入力するだけで、返済条件がわかります。月ごとの支払金額がわかれば、ローンの具体的な計画が立てられるでしょう。

 

シュミレーションを行う前に、あらかじめ把握しておきたいことがあります。金融会社によっては、キャッシングやカードローンの返済日が祝日などと重なった場合、その月だけ変わることもあるといいます。

 

専用のローンカードではなく、クレジットカードでキャッシングをしている人も増えているようです。

 

10日後が返済日のつもりでいても、実は締め日と営業日との関係で返済が翌月ではなくなっており、翌々月に設定されていたというケースもあります。

 

シュミレーション上では間違いがなくても、締め日が違っていたために計算結果が現実と異なっていたということは珍しくありません。

 

どれだけシュミレーションをしても、頭金や一括返済、金利の変化など様々な要因が絡む住宅ローンのように計算しづらい場合もあります。

 

固定金利か、変動金利かによっても、住宅ローンのシュミレーションは異なります。さまざまなケースを想定して、何度もローンのシュミレーションしたほうがいいでしょう。

ローンをシュミレーションする際の注意点関連ページ

ローンのシュミレーション
ローンのシュミレーション方法

おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ